J1第14節:横浜対鹿島

BSで中継してたので見ました。(横浜2-1鹿島)

横浜は、中断期間にアンが退団し、システムも4バックに変更して2戦目。ACLとの過密日程により鹿島とは勝ち点13差の5位に位置します。対する鹿島は、2位G大阪に勝ち点差10、さらに怪我をしていた野沢が復帰し、この試合は青木が出場停止のために小笠原をボランチに下げ、攻撃的な布陣で臨むこととなった試合。現時点で総合力Jトップである両チームの直接対決は注目でした。

試合は、鹿島が開始早々に先制するものの、終始ホームの横浜が支配していました。中盤でボールを奪う、サイドに回す、サイドからゴール前へクロスを送るという戦術が徹底されていました。両サイドバックドゥトラ、田中隼からのアーリークロスに鹿島の守備陣が振り回される時間が多かったです。ほんでDFラインが下がったところを上野や大橋が飛び出してミドルから攻撃を仕掛ける。まるでジーコジャパンに教えてあげたいくらいのお手本プレーを見せてくれましたが、これが結構はまってましたね。あとはクロスを上げたときのゴール前の人数とか精度を上げると手ごわいです。

逆に鹿島は、司令塔の小笠原が下がり目のポジションだったためか、アレックスミネイロと鈴木の2トップが孤立する時間帯が長かったような気がします。もっとも、横浜が逆転ゴールを決めてからの時間帯は鹿島が何度も惜しい場面を作りましたけど。

それにしても、やはりこの試合はかなり見ごたえのある試合でしたね。攻撃陣も豪華ながら、守備陣も鉄壁を誇る両チーム。そして徹底されたチーム戦術。確かに欧州と比べると劣るかもしれないけれど、最初にも書いたとおりやはりこの対戦は現在のJではトップレベルにあります。


J1第14節の結果はこちらから
広告を非表示にする