おつとめ終了

ここ数週間入念に準備をしていた修論の第2回発表が終了。
ネタを丹念に読み潰したおかげか、牽制球で刺されることも変化球を見逃すこともなく終了。
まぁ他のメンバーと比べてみて全然違うアプローチで戦っているため、興味が湧かなかったといえばそれまでかもしれないが、それは単なる考えすぎだということにしよう。

結局のところ、ある問題を理論的に分析するにしろ実証的に分析にするにしても、先行研究を熟読してフレームを頭に叩き込んでおくことが必要なんだなと実感。
そういう意味では、まだまだ読んでおかなくちゃいけない文献なんてざらにある。
先生からは、今の方向性を後押しされるわけではなかったが、全否定されるわけでもなかったのでこれを前向きに捉えることにしよう。

とりあえず、一安心。
久しぶりに自分によく頑張ったと言いたい。
でも、大変なのはこれからだ。
広告を非表示にする