なんちゃって赤紙

学部時代の師匠から,来月発表をしないかというメールをいただく.

今月発表がないし間隔が間延びしたためにテンションの維持が難しかったが,インセンティブとしてはこの上ないオファー.
その点,中途半端なものにならないようにピッチを上げないといけないなという緊張感が一気に高まる.

兄弟子さんに相談すると,それでも自分の専門を一番理解してくれる師匠の助言がいただけるのだからと前向きなコメントをもらう.

そうだよな,そうなんだよ.
変な発表にならないように頑張らないと.
広告を非表示にする