びゅんびゅん。

・チャリを買う、それもビュンビュン走るやつ

↑↑ のようなことを今年実現したいこと、として書き連ねていたけれど。
ボーナスが出たし、その他諸々の理由で本気でチャリを買うべきかどうか真剣に悩んでしまっている。
で、大阪の街中はサレオツなチャリを乗り回している人がたくさんいるので、どんなチャリに乗ってるんだろうと観察してみる。

最近増えているのは、「えっ」と驚くほどハンドルが短いタイプのチャリ。
ピストというのか。なるほど。
ブレーキがついていないようだけど、まさかと思ったけど、やっぱりフリーギアが付いていないんだな。
競輪用の自転車と同じだ。
のっけからこいつに乗るのはハードルが高そう。
買うとしたら、ロードバイクだな。

=============================================================================

久しぶりに神戸の街を歩いてみたら、元町の商店街で「頑張ろう神戸」という張り紙を見かける。
少なくとも、神戸や大阪では、『ひとまず安心宣言』が出されたように、インフルエンザの脅威は一時期に比べたらかなり落ち着いている模様。
大打撃を受けた地域経済を立て直すために、頑張っているところだけれど。
「頑張ろう神戸」というフレーズは、やはり震災直後を連想させる。
何だか少しだけ、複雑な気持ちになっていると、兵庫から勢力を伸ばしているのはどうもインフルエンザだけではないんだよ、ということを思い知るニュースを2本。

阪神百貨店に「えきそば」が進出
兵庫県民の(特に播州地方に住まわれている)皆さん、あのえきそばが梅田に進出ですよ!!
姫路か加古川まで足を伸ばさなければ食べれなかったえきそばが、大阪のど真ん中で食えるなんて、奇跡に近い。
コメダ珈琲が関西に初出店して、名古屋のモノがようやく大阪に進出してきたなぁと思ってたけど、えきそばの進出はコメダの関西上陸よりもずっと衝撃的である。

「播磨屋ステーション」の無料おかきカフェ
兵庫県民の(特に播州地方に住まわれている)皆さん、あの播磨屋のおかきが無料で食べれるカフェがあるんですってよ!!
おかき、といったら播磨屋。お土産にするならあげるのも貰うのも嬉しい播磨屋
私がおかきとかせんべいの類が好きになったのは、ここのおかきのおかげでもある。
そこら辺のおかきと比べたら、クオリティが格段に違う。
日本一のおかき処、というのも嘘ではない。
そんな播磨屋のおかきが無料で食べられるカフェがあるなんて、えきそばの大阪進出に匹敵する奇跡である。
ちなみに、リンク先は東京店の紹介であるが、京都の烏丸丸太町と福岡にもあるらしい。

そんなわけで、えきそばとおかきの食べすぎでお腹が気になりだしたら、
はばタンダンス」でメタボ解消だwww
ついでに熱中症も解消だwww(←知ってる人は知っている)

広告を非表示にする