what, then why

「なぜ」を5回繰り返すのは、手段であって、繰り返すことに意義があるのではない。

先輩から最近言われたことを2つ。
「問題が起きたときは、『なぜ?』を5回繰り返してみる」
「Aが原因だから、Aの対応策を考えるのは、『コインの裏返し施策』であって、解決策ではない」

要するに、『何が問題なのか』を徹底的に考え、理解しなければならないということ。

昔からずっと、「本質を見極める目」を身につけなくちゃいけないと思ってたし、ここでも何度か書かせてもらってたけど。
ああ、なるほど、こういうことだったのねと合点。

今更かよ、という突っ込みはなしで。

広告を非表示にする