なるほど。

「事実などない。認識だけだ。」

結局、何が問題だったかというと、

お互いの認識がかみ合うことはなかった、ということ。

なぜ、こうなってしまったのかということは、お互い当人同士が一番わかっている。
では、自分側の誘因が何だったかということを、ここで書きさらすつもりも、誰かと会って話を聞いてもらうつもりも、今後一切ありませぬ。
自分自身への問題として、何ができたか/できなかったかということを留めておきます。

一昨日あたりから、飯を食うと鳩尾あたりがキリキリ痛む。
ろくに飯を食えそうにないので、野菜ジュースで乗り切ります。
タバコ、しばらくは主食になりそう。

広告を非表示にする