still keep going on


YouTube: 【FULL】Baby Don't Cry / 安室奈美恵 (Amuro Namie)

何か決断をしたとき、ってのは自分にとっては変化する機会(その変化の良し悪しや、影響が大なり小なりするのは得てして状況に依存するけれども)、その機会を阻害する要因は自分のプライドであったり迷いであったりする。
ではなぜ、プライドや迷いが邪魔するのかというと、プライドや迷いは自分の弱さに直結するから、と考える。誰だって自分の弱さからは目を背けたくなる。
私もしがないビジネスパーソンのひとりとして、普段は状況や過程をロジカルに組み立てて決断する場面が多い(現実としてはそううまいことロジカルに組み立てられることはできていないかもしれないけれど、少なくともそうしなければならないという心構えは持っているつもり)けれども、ロジックに埋もれて見えなくなった First Impression だったり直感だったり、そういったものが実はその決断を導く重要なファクターだったりする。そしてそのファクターに気づくのは大抵決断を下した後になることが多い。
なぜそのファクターに気づくのが遅くなるかというと、これもやはりプライドや迷いから「いやそうではないだろう」という仮説を立ててしまい、その仮説が正しいようにロジックを組み立ててしまうからなんだということ。
そんなこと、周りからも散々言われてきたし自分でもわかっているつもりだった(4,5年前にも似たようなネタでブログ書いてるし)けれども、その結果が自分にとってどうだったか、を考えさせられる出来事が公私両面であったので、それを忘れないように。
結果はさておき、多少なりとも収穫があったとすれば自分の勘が鈍っていなかったことが確認できたこと。
マイナス面は、あまりよく眠れないこと。
変化を受け入れる。自分の弱さと向き合い、もっと自分自身を愛する。
変化が自分にとって良かれ悪かれどちらにせよ、それでも変化するのを止めてはいけない。
変化するのであれば、それが自分にとって良い変化であって欲しい。

Dsc00845

広告を非表示にする